ドイツ生活78日目(15.05.2017)

78日目です.

今日はドイツ語の講義がありました. ちゃんと起きれましたよ.

来週は復活祭があるので講義の日程がずれるみたいですね.

 

 

朝ごはんがありませんでした;;

 

 講義の後は買い物行って, お昼食べに行こうとしてましたが,

途中にルームメイトに会い, 今日はやめたほうがいいと言われたので部屋に帰ってニートしてました.

 

本当にニートしてたので, 特に書くことがないです.

独単語覚えてたくらいですかね..

この辺で終わります.

 

 

以下今日のドイツ語の講義まとめ

 はい. 今日は時間に関わる内容です.

曜日は簡単なので, まずそっちからいきます.

Monday : Montag

Tuesday : Dienstag

Wednesday : Mittwoch

Thursday : Donnerstag

Friday : Frietag

Saturday : Samstag

Sundat : Sonntag

です.

少し英語と似てる部分があるので, 覚えるのもそんなに苦じゃないかと思います.

曜日だけでも覚えておくと, 後に出てくる(?)であろう

Montagnachmittag や Freitagvonmittag のような複合語もすぐにわかるようになります.

 

 

覚えておくと良い単語 :

viertel - 15分(1/4)

von - ~前 (時刻を表す時の日本語訳なので注意)

nach - ~後 (vonと同じ)

 

これを覚えておくと, Mittag は 昼 という意味なので

Vonmittag は 午前, Nachmittag は午後 となることがわかると思います.

 

時間や曜日の前にくる前置詞は

am Tag ---

um Zeit ---

になります.

 

次は時間といえば定番の, 時計の読み方です.

基本的に ~時 ~ 分 で伝わるんですが, 他にも表現の仕方があります.

例えば, 9時15分の場合は

- Neun Uhr fünfzehn (or  9 Uhr 15)

- Viertel nach neun (9時の15分後)

 

8時45分の場合は

- Acht Uhr fünfundfierzig (or 8 Uhr 45)

- Viertel von neun (9時の15分前)

 

8時30分の場合は

- 基本形は省略

- halb neun (9時の30分前)

halbの場合は, von や nach がついていなくても, 〜時の30分になるので気をつけましょう. 僕はこれで一回勘違いして遅刻しました.

halb acht は 8時30分ではなく7時30分ですね.

 

時刻を実際に言うときは

Es ist 時間 みたいな感じになります.

 

 不定詞がこんな風に cut されてしまう同士は他にも

aufstehen や ausgehen などがあります. complicated ; (

 

例文を示すと,

Wann stehest du am Montag auf ? (月曜日は何時に起きますか)

では aufstehen が, auf は最後に stehen が2nd positionに来ています.

 

これに答える場合も

Ich stehe (am Montag) um 7 Uhr auf.

になります.

 

 

 

今日はこんな感じです.

ではでは