ぺんぎんさんのおうち

日本語勉強中のドイツ産ペンギンがいろんなことを書く

受験前の僕

これは Kosen Advent Calendar 2017 - Adventar

6日目の記事です。

 

木曜日授業でプレゼンしなきゃいけないのでスライド作らなきゃいけないんだけど、やる気が起こらないのでAdvent Calendarを書くことにした。

高専生になる前の僕を頑張って思い出す。

 

中1

部活ばっかりやってた。高専目指し始めたのは5,6月くらい。

親に勧められた。単細胞だったので、技術!なんかかっこいい!で決めた。

部活しながら勉強もやった(頑張ってはない)。

 

中2

部活ばっかやってた。特筆するような出来事はない。

 

月日は流れ、事件は起きる...

12, 1月頃に体育の授業で膝を壊した。安静にするように言われる。

でも暇なので手伝いだけでもしようと部活行ってたら怒られた。

 

 

本当に暇なのでMH3を始めた。

たまたま同じクラスにMH3やってる友人がいたので、学校終わりは毎日(多分週末も)通ってた。

この友人が諸悪の根源。ここから僕は限界オタクへのROADを歩むようになる。

 

中3

受験生になった。

2年までは毎日自学自習の宿題があったけど、3年は宿題としてではなく勝手にやってろみたいな感じになったのでモンハンやってた。授業はちゃんと聞いてたのでテストは余裕だったと思う。

 

夏休み終わり頃、MHFを始める。

そこから毎日友人と深夜までモンスターをハントしてた。

 

学校での僕は優等生だったので推薦受験の権利をもらえた。

受験前日も懲りずにフロンティアやってた。

 

で、合格した。

暇になったのでモンハンした。

 

まとめ

みんなはちゃんと勉強しような。

僕みたいに高専入学してからも適当な人生送ってると後悔するぞ。